とある講師の方から伺った転職に対する備え

長い不景気が続く昨今、現在では職を選ぶということは中々に難しく、働けるだけでもありがたいといっても過言ですらありません。

しかしそんな中で働き続けるとあっては、自分に合った仕事にあり付けるというのは非常に困難で、嫌な職場でもストレスを抱えたまま働き続けなければなりません。
そんな中でいざ転職をしようという機会を得たときに、スムーズに転職を行うコツをとある経営コンサルタントの方の講習会で伺いました。


その講師の方も何度も転職を経験されておられるということで、非常に説得力がありました。

先生の場合、実質的に三度転職をされているとのことでした。
先生の実体験を例に挙げると、まず最初はとある会社の営業マンとして働かれていたそうなのですが、成績が思わしくなく自分に合わないと感じたため自主的に退社なさったそうです。転職に関する詳細です。

あなたの探していた転職就職はとっても評判が良くて有名です。


しかし営業の道をこのまま止めてしまうのはもったいないと思われたそうで、友人のツテを頼って今度はより大きな会社の営業部に転職なされました。
そこでもやはり苦労に苦労を重ねられましたが、先輩の助けもありついに営業成績で一位を取るまでになったのです。しかし元々内向的だった講師の方はこの時点で営業を続けるのには限界があると感じ、前々から願っていた一人で働きたいという想いのままにまたツテを頼ってフリーライターに転職されました。
そこでも本来の才あってか、成功を収め一人で働くどころか社員やアルバイトを多数抱える大所帯にまでなられるのですが、結局本来の目的である一人で働きたいという想いを優先し、フリーライターで得た知識を生かして経営コンサルタントになられたのです。

これだけ聞くとただの他人の成功談だと思われるかもしれませんが、成功した人には成功した理由があります。

先生がおっしゃるには会社を辞めて転職しようとしても、前の会社が嫌だったからで辞めてはならないと言います。

転職情報の有益情報にあふれているサイトです。

自分は納得できてもそれだけでは他人は納得しない。


本心はどうあれ、他人が見ても納得できるだけの理由がなくてはならないのです。

この方の場合でも前の職を辞めたのはいずれも前の職が嫌だったからに他ならないわけですが、どの場合を見てもより大きな営業の仕事先に就く、フリーライターになる、経営コンサルタントになるという建前がそこには見られます。


後から振り返ったときになぜ転職したか他人を納得されられるだけの理由がなければそもそも新しい仕事先に雇ってもらえないというのです。

つまり、転職をしようとする上でさまざまな理由がそこには存在するでしょうが、他人を納得させて雇ってもらえるだけの建前を用意できなければならないということです。


http://job.goo.ne.jp/arbeit
http://www.haj.co.jp/official/
http://www.sej.co.jp/arbeit/

川崎の看護師の求人関連情報サイトです。

気軽に横浜の保育士の求人は情報はこちらのサイトがオススメです。

特徴のある神奈川の保育士求人を調べるならこのサイトです。

求人転職情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

ニコスの過払い金関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。